--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。

2016/12/21

この一枚の押しが天国と地獄を分ける


天国と地獄1



東1局、西家。

河はすでに三段目の後半戦。中を加カンした北家に要警戒の局面だ。

チートイシャンテンを維持するなら、場に二枚切れている9m、あるいは東が選択肢となる。

山に残っているのは東だろう。しかし、吾輩はここで迷わず打東とした。

この打東は、チートイのシャンテンを維持し、アガリに賭ける一打ではない。何故なら、この手はすでに詰んでいるからだ。

例えばここで東を切って、次巡にチートイをテンパイしたとしよう。そこから果たして何を切るか?

9mは南家と北家には現物だが、東家には通っていない。しかも新ドラの跨ぎスジである。

同様に、7mは新ドラの表示牌。いかにスジとは言え、おいそれと切れる牌ではない。

白は論外だ。北家の中張り牌乱れ切りは、トイツ手を大いに疑わねばならない。初牌の白を切るなど自殺行為だ。

つまり、この手はすでにチートイとしてはテンパイすら成就しないのである。詰んでいるとはそういうことだ。

なにより、こちらの手がたかだかチートイのみのイーシャンテンという事実。これが一番重要だ。

この手で中を加カンした相手に突っ張るのは、リターンが少なくリスクが高い。

そのため、吾輩はもう6巡も前、北家が加カンした時点ですでにオリている。チートイシャンテンになったのは、単なる偶然なのである。


以上から、この打東、遡れば北家に合わせ打ちした6巡前の打8mは、オリの一打であるならばA級プレー(勝敗に直結するプレー)に値する。

しかし、この打東がアガリを求める一打であるならば、それはB級ミス(勝敗に直結する可能性のあるミス)と言えるだろう。


勿論、下家が本当にテンパイかどうかは分からない。9mも、親にあっさりと通るかもしれない。

しかし本題はそこではない。本題は、こちらが勝負に見合わない手であると判断すること、そしてその判断を元にオリれるか否かだ。


なお、この局面には続きがある。


天国と地獄2



北家は、まさかのマンズのホンイツテンパイ。白を切ればマンガン放銃であった。

しかし、それを上回る爆弾を抱いていたのは東家。元ドラを暗刻にした69m待ちの親ッパネテンパイである。

結果は、6mをツモ切った下家が18000放銃。

この下家の放銃は責められない。何故なら下家は高めマンガンのテンパイなのだから。

しかし、もし前巡にこちらが打9m、あるいは打白として18000やマンガンを放銃していたなら、それは大いに責められるべきミスである。
スポンサーサイト


  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。

2016/12/12

変化を消す悪手


変化を消す悪手



南2局、西家。

三者競り合いの状態なので、ライバルの親を蹴るべく自風の西を鳴いたところ、絶好のペン3pを引き入れた。

ここで、他家が重なる前にと中を切ったが、これは悪手。中を重ねての、ホンイツ一通役1のマンガン変化を消してしまっている。

ここで4sを残す意味は、オーラスで1000点アガれば勝ち、という状態で、6pの二度受けを解消するくらいしか無い。

さらにこの状況は、マンガンあれば下家を飛ばしてゲームセットに出来るため、マンガンへの変化は特に重要である。


以上から、この中切りはB級ミス(勝敗に直結しかねないミス)に値する。


中を切った後、即座にそれに気づき、次巡引き入れた発を残すというリカバーが出来たのは〇。

結果は9pチーの下家から3p出アガリだった。


  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。

2016/12/04

窮鼠を追い込むリーチ


窮鼠を追い込むリーチ



南3局、南家。

東家以外の3人が競り合う状況で、早いピンフテンパイ。

リャンメンとしては最高の69s待ち。オーラス親番に備えて、ライバルたちに条件を押し付けるべくリーチを放った。

しかし、いかにリーチに打点プレミアムがあるとはいえ、この手はミニマム2000点である。条件を押し付けるには打点に欠けると言わざるを得ない。ミニマム2000点とダマの1000点なら、オーラス条件は殆ど変化しないのだ。

さらに一番の問題は、東家がラス目ということである。

当然、親はオリるはずもない。背水の陣、まさに窮鼠と化して全力で抵抗してくるだろう。

つまりこの局面は、親を刺激せず、ダマでそっと流すべきなのだ。

しかも、親の河にはアガリ牌である9sがある。もし親がリーチを掛けてきたなら、他家からのオリ打ちも狙えるだろう。


以上から、このリーチはA級ミス(勝敗に直結するミス)に値する。


やや厳しい判定かもしれない。そして高い確率でこのリーチは、何の問題もなくアガれるだろう。

しかし何局かに1回は。窮鼠と化した親により、手痛い反撃を喰らうだろう。天鳳においては、これこそ避けるべきなのである。


  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。

2016/11/29

オリるべき手で無理押し


押し過ぎ



東2局、西家。

北家からのリーチを受けた10巡目。

安パイは7mが1枚。さらに北家は2mを2枚ツモ切りしているところから、4mも準安パイとしていいだろう。

つまり3枚の安パイ、準安パイがあるという訳だ。

それに対して、こちらの手牌はMaxでメンピンドラ2のマンガン、Minでリーチドラ1の2600点。受け入れは7種22枚のイーシャンテン。

これは、リーチに対する押し引き2+2の法則(イーシャンテン)を若干下回る。つまりこの9p切りは押し過ぎということだ。


以上から、この9p切りはC級ミス(積み重ねれば勝敗に繋がるミス)に値する。


なお、これは9pがワンチャンスであることも考慮している。これが全くの無筋である場合は、B級ミス(勝敗に直結しかねないミス)となるだろう。



  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。

2016/11/28

ドラ跨ぎより字牌単騎


ドラ跨ぎより字牌単騎



東1局、西家。

絶好のドラ7m引きでテンパイ。8mをここまで残しておいたのは、ノベ単58m待ちを考慮してのものだ。

しかし、直前に下家が白切り。つまり白は他家にとり、かなり安全度の高い牌という認識のはず。

そして58mは待ちこそ6枚だが、ドラ跨ぎであるため、リーチに対して他家が出す可能性はかなり薄い。

以上の理由から、ここは残り2枚であっても白単騎でリーチ。

これはC級プレー(積み重ねれば勝敗に繋がる好プレー)に値する。


なお、結果は一発ツモ裏1でハネ満。結果的にはA級プレー(勝敗に直結する好プレー)となったが、これはあくまでも結果論である。

また、これは他家がオリ易い天鳳鳳凰卓であるが故の選択であり、フリーなら素直に待ち数が多いノベ単にし、ツモってご祝儀狙いの方が良いことを付け加えておく。


  麻雀ブログランキング ブログランキングに参加しています。宜しければ是非。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。